金原商標登録事務所 > 事務所通信-金原商標登録事務所blog > 当サイトのこと

弁理士の広告に関するご注意 -2014年11月12日

最近、会員の広告(ウェブサイト等)において、不適切と思われる記載が多々見受けられるとの、注意喚起がされております。
各弁理士事務所の広告やウェブサイトをご覧の皆様は、ご注意ください。

たとえば、他の事務所との比較、商標の登録率の表示、「格安」、「激安」、「業界初」、「日本初」、「最低水準の費用」、「通常の半額の費用」などと言った記載には、根拠があるのかどうか?
料金表示を安く見せるようなわかりにくい記載がないか?といったことが、後で問題になる可能性があります。

このたびの弁理士法の一部改正により、第1条に使命条項が導入され、弁理士が知的財産に関する専門家として明記されております。
日本弁理士会では、「会員の広告に関する規則(会令第62号)」及び「会員の広告に関するガイドライン」を作成し、適正な表示をするように決められております。


会員の広告に関する規則(会令第62号)

(禁止される広告)
第4条 会員は、次の広告をすることができない。
(1)事実に合致していない広告
(2)誤導又は誤認のおそれのある広告
(3)誇大又は過度な期待を抱かせる広告
(4)法令又は会則及び会令に違反する広告
(5)弁理士の品位又は信用を損なうおそれのある広告

商標登録などをご検討されている皆様で、こうしたことにご不明な点などをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
当事務所では、明朗な料金体系で、すべて事前にお見積をいたします。
また、各種ご相談に柔軟に応じておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

当事務所サイトの検索順位(2014年8月) -2014年08月24日

当事務所はYahoo!JAPANに登録されている6サイトをはじめ、その他複数のサイトを自社運営しております。
検索エンジンでのキーワード検索による順位をチェックしてみました。

google 2014/8/24確認
※Yahoo!での検索順位もgoogleと基本的には同じです。
※なお、何度も閲覧するサイト等は、自分のパソコンで見ると、ブラウザの設定により、通常より上位に表示される場合があります。そのような影響のない状態で調査しております。


キーワード 「商標登録」
検索結果数:約 1,250,000 件中、
7位
商標登録.com(TM) www.shohyo-toroku.com/
8位
商標登録-商標登録.com(TM)
www.shohyo-toroku.com/registration/
12位
商標登録.info(TM) www.shohyo-toroku.info/
19位
金原商標登録事務所(TM) www.kanehara.com/
20位
商標登録.jp(TM)  www.shohyo-toroku.jp/‎
49位
商標登録.biz(TM) www.shohyo-toroku.biz/

当事務所サイトの検索順位 -2014年04月14日

当事務所はYahoo!JAPANに登録されている6サイトをはじめ、その他複数のサイトを自社運営しております。
経営計画策定のため、久しく放置に近い状態のサイトを含め、検索エンジンでのキーワード検索による順位をチェックしてみました。

google 2014/4/14確認(4/16、5/21補足確認)
※Yahoo!での検索順位もgoogleと基本的には同じです。
※なお、何度も閲覧するサイト等は、自分のパソコンで見ると、ブラウザの設定により、通常より上位に表示される場合があります。そのような影響のない状態で調査しております。


キーワード 「商標登録」
検索結果数:約 1,270,000 件中、(5/21補足確認)

5位
商標登録.com(TM) www.shohyo-toroku.com/
12位
商標登録.info(TM) www.shohyo-toroku.info/
16位
商標登録.jp(TM)  www.shohyo-toroku.jp/‎
18位
金原商標登録事務所(TM) www.kanehara.com/
45位
商標登録.biz(TM) www.shohyo-toroku.biz/

続きを読む

著作権と弁理士のモラル -2008年02月12日

弁理士は、特許、実用新案、意匠、商標など、独自に創作・考案した知的財産を保護する国家資格者です。
また、文章や絵画、音楽などの独自の表現を保護する著作権についての契約などの仕事も行います。

著作権は、こうしていま書いている文章にも、創作したその時点で権利が生じます。
これらをいかに保護し、模倣されないようにするか、あるいは自分の知らないところで勝手に使われたり、勝手に改変されたりしないかどうか、表現者にとっては重要なことですが、著作権という制度があって、弁理士という資格者があって、これらの保護が制度的に保障されているといえるのです。

もちろん、当サイトの文章などは、ご自由に引用、紹介していただいてかまいません。
むしろ引用や紹介をしていただくことは歓迎しております。
引用は、元の出典(ウェブサイトであればURL、サイト名など)を明示していただければいいということになります。

ところが、当サイトの文章を、元の出典も著作者名も明らかにせず、しかもまるで自分の創作した文章であるかのように、勝手に利用されてしまったりしたら、著作権侵害といわざるをえないのです。
ちょっとだけ表現を変えてみても、私が自分で書いた文章だということは見ただけで一瞬でわかります。
逆に、他人の文章であったなら、自分で書いた文章でないものだということも、見ればわかるはずなのです。無断利用した人にはその自覚があるはずです。

弁理士は、知的財産という重要な権利を保護するために、顧客の秘密情報を守る義務を負ったうえで、相談にのり、必要に応じ権利取得の手続を行い、権利侵害に対する対応を行います。

弁理士は、ウェブサイトを含め、広告には嘘偽りや、誇大広告などをしてはなりません。
また、すべての仕事の案件には、資格者である弁理士本人が責任を持って対応をしなければなりません。時間もコストもかかりますが、依頼者はそれを当然のこととして期待します。弁理士の仕事に、「安い、早い、うまい」はありません。
もちろん、個人や中小企業・ベンチャー企業など、資力に応じた割引などの費用のご相談には対応しておりますが、安さだけを売りにした広告には疑問を感じる依頼者がしばしばお見えになります。家賃や人件費などの経理の比率はどこもそれほど変わるはずがありませんから、表面的なことに惑わされない比較も必要になってきたのかもしれません。

インターネットの普及により、弁理士のウェブサイト、商標登録に関するウェブサイトも増えてきましたが、ユーザーへの情報提供にしても、仕事を成立させるための説明文にしても、このような雑記にしても、弁理士本人が創作した文章は、書いて公開した瞬間に不特定多数の人の目に晒されます。
ウェブサイトに1ページを追加するだけであっても、気が抜けません。
インターネットという宇宙の中に、多数の弁理士事務所のウェブサイトがあったら、その中で、老いも若きも、役職の有無も、関係なく、特に事務所経営者にあってみれば、オリジナリティを賭けて勝負をしているのです。

当然、自分のウェブサイトに掲載するコンテンツはオリジナルなものであるべきですし、そもそも、営利サイトにおけるコンテンツは、その経営理念、営業方針、ブランドコンセプトを体現したものですから、借り物でできるはずがないのです。
知的財産を保護する、秘密情報を守る、誇大広告や品位のない広告はしない、それをまずは実践する、という当たり前のことを当たり前に守ることとして、日本弁理士会におきましては、弁理士の倫理研修などを義務として行っております。最終的には個々の弁理士本人の自覚によるのかもしれません。

イラストレーター -2007年07月02日

ロゴデザインの受注をきっかけに、外部の契約デザイナーと仕事をしており、ディレクションの必要上、macのソフトの勉強をしております。
ウェブサイトに掲載するためのロゴのサンプルの制作もしています。

イラストレーターの勉強をしているうちに、自分で描いてしまいました。
20070628.jpg

20070701.jpg

20070702.jpg

20070703.jpg

blog開設のお知らせ -2007年03月03日

金原商標登録事務所では、2004年より、当サイト全体をウェブログ(Weblog)の代表的なプログラムであるMovableType(TM)を使用して、カスタマイズして設置をし、機動的なウェブサイト運営ができるようにしておりました。

一方、各種ニュースサイトでは、商標登録や知的財産に関する話題が毎日のように掲載されています。
また、商標登録にまつわる個人の方からの質問や、議論がインターネット上で交わされていたり、これらのトピックがインターネット上のブックマークで共有されていたりという動きが出てきています。

そこで当サイトにおきましても、その時々の話題から、当サイト運営や事務所経営に関すること、弁理士の個人的メモなどを機動的に掲載できるよう、このページを開設することといたしました。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて