金原商標登録事務所 > 意匠登録 > キャラクターの意匠

著作権との違い

著作権は美術などの創作物の表現を守る権利です。
芸術などの創作、表現を保護することによって文化の振興・発展を目的とするものです。

一方、著作権法で保護される著作物は世界でただ一つだけ創作される絵画、イラストなどの美術のほか、文芸、学術、音楽の範囲に属する、思想又は感情の創作的な表現であり、他分野にわたり保護の対象が定められています。

これに対し、意匠法で保護される意匠は、工業上利用できる(量産できる)ものでなければなりません。具体的な物品とは離れた、単なる模様、モチーフなどは法にいう意匠ではありません。
いわゆる工業デザインと考えればよく、ただし手工業や手作りのものであっても同じものが量産可能なものであれば、登録の対象となります。

同一のアイデアが、同時に、意匠権、商標権、著作権それぞれの対象になり得ることもあります。しかしこれらはそれぞれに、保護の対象が異なります。
意匠権と著作権とが大きく異なる点は、意匠権は産業政策的観点から認められる権利であって、国家の行政処分によって発生するのに対し、著作権は著作者の精神的表現に関しその人格的・財産的利益を保護することを目的とする権利であり、著作物の成立と同時に発生する点にあります。

たとえば、一枚のキャラクターのイラストは著作物ですから、創作と同時に著作権が発生しています。
これをTシャツにデザインすれば、量産できる物ですから意匠登録のための出願をすることができます。特に、アパレル・デザインは人気や流行に左右されやすく、ヒットすればすぐに偽物が出ますので、これを考慮して意匠登録出願をするべきかどうか、検討するのがよいでしょう。

キャラクターやマークが、その商品の出所表示・識別標識として機能するものであれば、商標登録の対象となる場合があり、いずれの方法で保護を求めるかについては、ご相談いただければお答えいたします。

キャラクター等のデザイン

意匠権は、物のデザインを権利として保護するための法律です。

意匠法で保護される「意匠」とは、「物品(物品の部分を含む)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるもの」です。特許法や実用新案法が、技術的な面でのアイディアを保護の対象としているのに対し、意匠法では、物品のデザインという美的観点からみた創作を保護の対象としています。

たとえば、化学繊維の発明などは特許になりうるものですが、これを使用してデザイナーが新しい服飾デザインを創作した場合には、そのデザインは意匠として守られるべきものなのです。

なお、意匠登録されるためには、新規性といって、出願するまでに知られたり、刊行物に掲載されたりしていないことが必要です。出願前6か月間までであれば例外はありますが、ショーや展示会、雑誌などへの掲載が予想されるときには、細心の注意が必要です。

意匠を創作したときに、意匠権という独占的な権利を得たいと考えたら、願書に意匠に係る物品等を記載して、意匠登録を受けようとする意匠を記載した図面等を添付して、特許庁に出願することが必要です。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて