金原商標登録事務所 > 意匠登録 > 様々な意匠登録制度

様々な意匠登録制度

部分意匠

部分意匠とは、物品の部分についての意匠です。
物品のある一部分を新規に創作したデザインとした場合に、その部分に特に特徴がある物品を、全体としての意匠ではなく、部分意匠として出願し、特徴ある部分を第三者に模倣されることを防止することに役立ちます。

部分意匠の対象となるのは、「物品の部分の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合」です。
「物品」とは市場で流通する有体物であり、部分意匠の登録を認めないと、独創的で特徴ある部分を取り入れつつ意匠全体で侵害を避ける巧妙な模倣が増加し、物品の部分に係る意匠の保護が十分にできないことから設けられた制度です。

関連意匠

関連意匠とは、本意匠と類似する意匠を本意匠と同日に出願した場合に限り、登録することができる意匠です。
デザイン開発の過程で、一のデザイン・コンセプトから創作されたバリエーションの意匠については、これらを関連する意匠として登録することで、権利を明確にすることができるため、効果的に保護することができます。
同日に同一出願人から出願された場合に限り、同等の価値を有するものとして保護し、各々の意匠について権利行使することを可能とする関連意匠として登録することが可能です。

組物の意匠

組物の意匠とは、セットになった複数の物品であって、物全体として統一がある場合には、全体として一つの意匠と認め意匠権を付与するものです。
システムデザイン、セットものデザインなどであって、複数の物品を組み合わせ統一感を出したデザインなどの創作を保護することができます。
たとえば、せん茶セットの個々の物品にそれぞれ松、竹、梅の模様をあらわした場合には、松竹梅という観念上関連性があるもので統一されているため、この制度での保護の対象となります。
また、ディナーセットの個々の物品に同一模様(例えば、バラの花)を施した場合も、同一の模様によって統一されているといえ、この制度での保護の対象となります。

秘密意匠

秘密意匠とは、登録後最長3年の期間、登録意匠の内容を秘密にしてことができる制度です。
デザインは流行が早いものもあり、意匠は公開されるとすぐに模倣、盗用の危険にさらされるため、一定期間秘密にしておきたい場合などに有効です。

秘密意匠制度は、出願した意匠について意匠登録を受けそれが意匠公報に掲載されると、その出願をした業者の将来の意匠の傾向を他の業者に知られ、またその意匠を基としてそれを転用したような意匠を作り出されるおそれがあるために、特別に規定されている制度です。
特許法、実用新案法においては、独占権の対象を一般に秘密にしておくことは許されていませんが、意匠法は同じく産業の発展を目的とするにもかかわらず、美的観点からその目的を達成しようとするもので、秘密にしても産業政策上の弊害が少ないことから、例外的に秘密意匠制度が認められています。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて