金原商標登録事務所 > 商標登録 > 商標登録とは

Q&A -2016年12月16日

Q.ネーミングやマークは必ず商標登録しなければいけませんか?

A.商標登録をすることは義務ではありません。

他人がその商標と同一、または類似する商標を登録していなければ、使用をすることは可能です。
しかし、他人が登録していたら、知らないうちに権利侵害になってしまう可能性があります。
あなたが先に使用していたとしても、そのような可能性があります。
また、模倣されてしまったときに、これをやめさせたりするためには、独占使用権である商標権を保有していることが必要で、登録していない場合には、対処方法が面倒になり、模倣をやめさせることができないかもしれません。

Q.登録できるかどうかを知りたいのですが、費用がかかりますか?

登録できるかどうかの検索を行い、様々な観点から見解を記載し、可能性の判断をする正式な調査報告書の作成には費用がかかります。
ただし、簡単な検索をしてお答えする程度では、費用はかからない範囲でのご相談が可能です。
なお、無料のご相談でも、検索調査はしないとお答えはできませんので、そのお時間をいただいております。

Q.商標登録にはどのくらいの期間がかかりますか?

商標調査をして、問題がなくスムーズに特許庁に出願ができれば、数日以内に手続きを完了できます。もっと急ぐご要望は、その旨をお伝えいただければ特別に対応可能です。
特許庁に提出をしたあとは、通常の手続きでは半年間程度の審査がかかりますが、案件やその時の状況により異なります。

商標登録の手続 -2004年08月23日

商標登録を受けたい場合には、事前に、類似商標がないかどうかの確認などをするために、商標調査をすることが必要です。
調査の結果を検討したうえで、登録できる可能性が高ければ、商標登録願に、権利を取得したい指定商品等を記載して、商標見本などを添付して特許庁に出願をします。

特許庁での審査
商標権は独占的な強い権利ですから、あらゆる商標に権利を与えてしまうようでは、経済活動が混乱します。
商標登録出願は特許庁の審査官により審査され、審査の途中で拒絶理由が通知されることもあります。拒絶理由通知に対しては反論の機会が与えられます。
審査を通ったものだけが登録となり、登録料を納付して初めて商標権が発生します。
審査には通常、半年間程度あるいはそれ以上の期間がかかります。

商標権について
商標権を取得した際には、その指定商品又は指定役務について、登録商標の使用をする権利を占有し、他人が使用するのを排除したり、他人に使用権を許諾したりすることができます。
商標権は、他の権利とは異なり、権利の存続期間は10年間です。
更新登録の申請をすることにより、10年ごとに、希望すれば半永久的に所有することができます。商標を長年適正に使用すれば、それだけ商標に付帯する信用が増大するからです。

商標登録できない商標は?
商品等の普通名称や、商品の産地、品質、役務の内容、質、用途などを普通にあらわした商標、きわめて簡単でありふれた商標など、需要者が特定の出所から供されている商品や役務であると識別できない商標は、登録されません。

また、国の紋章や、所定の国際機関の標章と同一又は類似の商標、許可なく他人の氏名等を含む商標、他人の周知商標と同一又は類似であったり、他人の商品等と混同を生ずるおそれがあったり、商品の品質誤認を生ずるおそれがある商標なども、登録されません。
同一商標はもちろんのこと、類似商標がないかどうかの審査もされ、類似かどうかの判断が重要になります。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて